gleich zum inhalt springen

ウコンが効かなくなってきた??

ここ数年、お酒を飲む時は一口でもアルコールを摂取するのであればウコンを飲んでおきなさいと病院の先生に言われてからは必ずウコンを摂るようにしているのですが、最初の頃は翌日お酒が残ることもなく、少々飲み過ぎても大丈夫だったのですが、最近、ウコンが身体に慣れてきたのか、次の日にお酒が残るようになってきたのです。最初は朝にしじみ汁を飲んでいたのですが、それも面倒になり、最近簡単にしじみが摂れるしじみ習慣っていうサプリメント的なものを見つけたので、それを飲んでいます。

お酒が残る

話は変わりますが、今日は、お金を借りたいと思ったときのことを書いてみますね。

あるとき、職場の後輩と2泊3日で埼玉で開かれたライブイベントに行こう!という話になりました。
その後輩というのはアルバイトでしたから、社員として働いていた私がある程度オゴるからと車を出してもらったりチケットを手配してもらったりしたわけです。ところが、社員といってもその当時の私は安月給でしたから、どれだけ節約してもパーっと遊びにいくにはどうしてもお金が足りなかった、いや正確にはオゴるお金などありませんでした。
そんなときに、ふと「お金が欲しい…消費者金融から借りようか」と頭をよぎりました。今は気軽にお金を借りることのできる社会です。カードもあるし返済も便利、多額でなければ大丈夫だろうと思ったこともありました。
然し、私はどうしても借金する気にはなれなかったのです。借りるときには目先の楽しさしか頭にありませんからいいのでしょうが、果たして「消費者金融」なんてヤクザみたいなイメージしかないところからお金を借りてしまって平気なのか?返済できるのか?取立てなどがあったらどうするのか?次々と不安が襲ってきたからです。
結局、このときは自分が持っていたもう遊ばないゲームソフトや大切に集めていたフィギュアやマンガ本などを全て売り払ってお金を作りなんとか面子を保つことができました。遊びに行くならもっと前々から計画を立てお金を貯めておかねばならないとつくづく思いました。
遊びにいく計画すら直前にならないと立てられない私のことです、消費者金融からお金を借りてしまったが最後。返済の計画が上手くたてられるはずもなくAから借りてBへ返す、などという「自転車操業」になるのは目に見えています。そうなれば多重債務者というレッテルが貼られ将来的にも困ることになりかねません。
こんな考えがあって私は消費者金融を利用しようとは思いませんし、今後も利用するつもりはありません。お金に困ったときは大人しくしていることが一番。無理にお金を借りてまで物を買ったり遠出したりする必要はないですし、我慢することにしています。

 

maeba in 未分類 on 5月 07 2015 » 0 comments
Your Reply:


required


required, (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments